相続種類

(1)単純承認

単純承認とは、被相続人の権利義務を無制限に承継する方法です。
民法では単純承認を相続の基本的なパターンと考えていて相続人が他の方法を選択しないで、一定の期間(熟慮期間)が経過すると単純承認したものとみなします。その為、単純承認は相続放棄・限定承認と異なり、家庭裁判所に対して申述などを行う必要はないのです。

単純承認の効力
単純承認を行うと相続財産は、相続人の固有財産と完全に一緒になります、被相続人の債務の弁済は、被相続人の遺産で足りない場合、相続人の財産からも弁済しなければならないのです。

!注意点!
一度単純承認を選択してしまいますと原則として取り消すことができませんので被相続人の遺産を調査する際には慎重に調査を行い、債務超過状態にある遺産を相続しないよう十二分に気をつけることが必要です。

(2)相続放棄

相続が生じると、被相続人の権利義務は相続人に承継されますが、相続人は必ずしも相続を承認しなければならないということではありません。相続人は相続権を自己の意思で自由に放棄することも可能なのです。

!注意点!
相続放棄を行うには「自己のために相続が開始されたことを知った日」から3ヶ月以内に相続放棄の手続を行うことが絶対必要です。この期間を過ぎてしまいますと原則として相続放棄を行うことができなくなってしまい単純承認を行使したものとみなされます。※債務超過がある相続を防ぐ為にも弁護士、司法書士、行政書士などに相談したほうが自己の保全にも繋がると思われます。

相続放棄の効力
相続放棄を行うことにより、その人物は相続の対象から、始めから相続人でなかったものとみなされます。その為、同順位の相続人がいる場合には、その放棄をした相続人の持分が同順位の放棄を行わなかった相続人の持分になります、また同順位の相続人がいなかった場合には次順位の相続人が繰り上がって相続人となるシステムになっています。
ただし、配偶者が相続放棄をおこなう、他の共同相続人の相続分は変わった、などの事が起きたとしても相続人の順位の変更が生じることはありません。。

(3)限定承認

限定承認とは相続で得たプラスの財産の範囲で債務を弁済し、財産が残ればその財産を相続する権利行使の方法です。
相続放棄は相続人としての地位を捨てて、相続財産のプラスマイナスにかかわらず承継しないのに対し、限定承認は相続を承認し、相続財産の資産・債務を引き継ぐが、債務の支払は相続した財産の範囲内で支払う行為です。したがって債務超過である場合でも自己の財産まで 支払いに当てる必要はないことになります。